家庭の食材で作るタイ料理

家庭にある食材と、スーパーにある調味料で美味しいタイ料理が作りタイ!

豆知識

意外と高カロリー!タイ料理の落とし穴。それでも食べタイ!

2016/12/25

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

タイの人ってあまり太っているイメージがありませんよね。
そのためタイ料理ってヘルシーなの!?と思ってしまいがちですが、実はタイ料理は意外と高カロリー。

成人の1日の必要摂取カロリーは1800~2200kcal。
もちろん年齢や性別、1日の体の動かし方で必要なエネルギーは変わりますが、だいたいの人はこの範囲。

つまり平均すると、1食あたり600~700kcalで抑えたいところ。

でもこれって実は結構難しいんですよね。
外食したらあっという間に1000kcalオーバーですから・・・。

そこで今回は人気のタイ料理のカロリーをチェックしてみたいと思います。
また、カロリーの低いメニューにも注目。
ダイエット中だけどタイ料理が食べたい!というときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ガパオライスのカロリー

%e3%82%ac%e3%83%91%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9

タイ料理として人気が高いガパオライス。
大手お弁当チェーンやコンビニでも並んだことのあるガパオライスは日本人好みの味付けで好きな人も多いと思います。

カロリーは1人前約600kcal。
予想通りのカロリーといった感じです。

ガパオライス1皿で食事を済ませられるのであれば、カロリー的には合格という感じですね。

家で作るときはガパオを炒めるときの油を少なくする、目玉焼きを油なしで焼く、ということでカロリーを抑えることができます。
ただ、多めの油で焼いた目玉焼きのほうがタイ料理には合うんですよね・・・。

パッタイのカロリー

パッタイ

辛い料理が多い中、全く辛さのないパッタイは子供でも食べられる人気のタイ料理です。

実はパッタイ、意外と高カロリー。
800kcal超えになることがほとんど。

パッタイの麺はお米の麺ですから、たっぷり炭水化物をとってしまう料理です。
しかも炒めるときにくっつかないように油もしっかり。

ダイエット中には不向きなタイ料理かもしれません。

グリーンカレーのカロリー

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc

タイ料理のイメージとしてほとんどの人が思い浮かべるであろうグリーンカレー。

好きな人も多いと思いますがカロリーは高めの800kcal(ごはん込み)。
パッタイといい勝負です。

ただ、辛さもしっかりあるグリーンカレーは発汗作用もあり野菜もたっぷり。
辛いと食べるのもゆっくりになりやすいので、満腹感も感じやすくなります。
カロリーとしてはパッタイと同じくらいですが、ダイエットにはグリーンカレーの方がいいかもしれません。

タイのカレーは他にもマッサマンカレーやイエローカレー、レッドカレーなどがあります。
魚を使うことの多いイエローカレーが最もカロリーは低く抑えられますが、それでも700kcalほど。
マッサマンカレーやレッドカレーもグリーンカレーと同じくらいのカロリーです。

カオマンガイのカロリー

%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%a4

人気上昇中のカオマンガイ。
主婦の強い味方であるクックドゥにも「アジアン鶏飯(チキンライス)」としてラインナップされています。

シンプルに鶏とごはんを炊き上げたもの、と侮るなかれ。
鶏のゆで汁でごはんを炊くので、鶏の脂が余すところなくごはんに染み込んでいきます。
そのためシンプルな見た目、少な目の食べ応えの割に700kcalとカロリーは高め。

ちょっと物足りなさを感じやすいカオマンガイは自分で作るとたっぷり食べてしまいがち。
お店で食べるときもついついもう1品追加してしまいたくなりますよね。
ということで、美味しいですがダイエット中には不向きなメニューです・・・。

ほんと美味しいんですけどね・・・。

おすすめ低カロリーメニュー

ダイエット中でもタイ料理が食べたいときだってありますよね。
そんな日はカロリーを気にせず好きなものを食べちゃいましょう!と言いたいのですが、
そうも言っていられないのがダイエットの厳しいところ。

ダイエット中でも安心して食べられるカロリー少な目のメニューもチェックしておきましょう。

ソムタム

%e3%82%bd%e3%83%a0%e3%82%bf%e3%83%a0

青パパイヤのサラダであるソムタム。

生野菜のサラダなだけあって約150kcalと低カロリー。
しかも一人で全部食べることはほとんどないと思います。

取り分けるのなら一人あたり50kcalとかそのくらい。
ダイエット中の強い味方ですね。

ソムタムをカオニャオ(タイのもち米)を一緒に食べるのが好きな人もいますよね。
カオニャオはふつうのごはんよりカロリーが倍近くあるので要注意です。
カロリーが気になる場合はジャスミンライスにしておくのが無難です。
カオニャオのほうが合いますけど・・・。

トムヤムクン

%e3%83%88%e3%83%a0%e3%83%a4%e3%83%a0%e3%82%af%e3%83%b3

日本で一番有名なタイ料理といっても過言ではないトムヤムクン。
辛くて酸っぱいエビのスープは癖になる人も多いと思います。

カロリーは低めの150kcal。

これにジャスミンライスをつけても420kcal。
ダイエットの味方ですね。
発汗作用もあり、体によいハーブや香辛料がたくさん使われているのもポイントです。

トムカーガイ

トムカーガイ

チキンのココナッツミルクスープであるトムカーガイ。
トムヤムクンほど辛くないので、食べやすいスープです。

ココナッツミルクを使っているためカロリーはトムヤムクンより高めの300kcal。
ご飯と合わせても570kcalとカロリー的には合格です。

おわりに

前菜からごはんもの、そしてデザートまで。
レストランに行くとついつい食べ過ぎてしまいます。

ダイエット中の方は前菜には低カロリーなサラダ「ソムタム」、メインにはトムヤムクンと一緒にジャスミンライス。
甘さ強めが多いタイのデザートは我慢してシャーベットで仕上げるというように工夫してみてください。

おなかも気持ちも満たしつつ、カロリーは抑えられるタイ料理の食事が楽しめますよ。

-豆知識